イラストの描き方におすすめの本

時間が空いてしまいました。お久しぶりですw

今回はイラストを練習する参考書を紹介させていただきたいと思います。

 

過去記事に書きましたが、私はイラスト上達本を読むことによって0が1にでもなれば良しと感じています。

 

といっても読んだことない本は紹介しようがないので、実際に私が読んだことあるもの限定で紹介しますね(^^)

スポンサーリンク

アニメ私塾流最速でなんでも描けるようになるキャラ作画の技術

 ⇒ 中学生からでも絵が上手くなるのか
 ⇒ 立体感のを出すにはどんな方法が?

実はずっと発売されるのを待っていた上達本です!

 

ツイッターでも有名なアニメ私塾さんから発売された本です。

アニメ私塾さんのツイッターはこちら

タイムラインでもよく流れてくるので説明不要ですね。

 

とにかく一般人がパっとみて上手い!と思われる絵を描けるようになるにはピッタリだと思います。

 

関節の描き方や動き方、こうはならないという絵も判りやすく紹介されています。

マンガの基礎デッサン 女のコ キャラ編 (マンガの技法書)

 ⇒ 目を簡単に描く方法
 ⇒ 物に例えて簡単に身体を描く

こちらは女の子の身体を描くための全てが載っています。

 

最近の絵柄よりはちょっとお肉がある女の子の描き方です。

私的にこちらのほうが可愛いと思いますw

 

少年漫画でもちょっとエッチめな女の子が出てくると良いですよね。

そのためにもしっかりした肉体の女の子を描けるようにならなきゃいけません。

 

萌え萌えなプニ絵の身体というよりは女の子、お姉さんの身体で掲載されています。

 

ですがいずれプニ絵を描きたいって人も、この本でしっかりと女の子の身体を勉強されてからをオススメします。

※イラスト上達本読んでみたいけどお金が無いよって人、実はこの本、全ページ無料で読むことが可能です。

それはAmazonさんが提携しているサービスKindle Unlimitedの読み放題対象の本だからです。

通常は月額980円のサービスですが現在は30日間の無料体験を行っています。そして30日間の無料体験期間中に解約ができます

これでもうわかりましたね?(笑)ですが気に入ったら是非とも購入して読んでくださいね♪
>>Kindle Unlimitedの無料体験はコチラ

スーパーマンガデッサン-作画のための考えるデッサン-

 ⇒ かわいい人物イラストの描き方
 ⇒ 絵の上達に模写は効果的なのか
 ⇒ 絵を描く人と差をつけるには

ちょっと古いのですが初心者に一番オススメなのがこちら。

私も10年ほど前に購入しお世話になりました。

 

今でも所持していますが、たまに読み返すと忘れていた部分に気が付いたりと重宝しています。

最近のイラスト上達本は基本ができてる前提のものが多いですが、こちらは完全な初心者でも学んでいける内容となっています。

 

マルバッテンの基本もこの本に載っていますよ♪

胴体や背骨の説明がしっかり説明されているので、デフォルメ風のキャラしか描けないって人にも強い味方になるでしょう。

 

作画されているかたが両方ともアニメーターさんなので無駄な線が少なく勉強になります。

そういえばダンガンロンパPS4のやりたいw

やさしい人物画-ルーミス-

 ⇒ 回り込みを意識する!
 ⇒ かわいい女の子を描くには

言わずと知れたイラスト本界の王様

 

私も生まれて初めて読んだイラスト上達本はこちらになります。

 

イラスト上達本というかデッサン力を学ぶ意味合いが多いですね。

ですが、この本を一度通して読むことをオススメしますよ。

 

ボリュームも多く内容も基本から全体まで網羅しているんです

基本の部分については細かく顔の描き方なども載っていますので参考になります。

 

とはいえ発売からかなり経っていますし、内容も漫画向けというよりはリアル思考です。

この本から学んだことを今度は自分なりに改造していくのが大切ですね。

 

男性キャラは少し輪郭を強調したり、女性キャラは丸みを加えたりだとか。。。

アニメーターが教えるキャラ描画の基本法則

 ⇒ 絵が上達しない人の原因は何?
 ⇒ マルバッテンで顔を描くときの注意

アニメ私塾さんと同じくアニメーターさんが描かれている本。

 

こちらは少しイラストに慣れてきてからのほうがいいでしょうね。

完全な初心者の人だと、ちょっとついていけないかもしれませんw

 

pixivでよくイラストの描き方など紹介されています。その集大成といえるのがこの本です。

 

慣れるまでは真っすぐ立った絵や動きの無いイラストばかりになると思います。

 

この本は動きのあるキャラを描けるようになる鍵みたいなのがありますw

吉成曜画集 ラクガキ編


他の本と違い画集なのですが、あえて入れさせていただきました。

 

私も大好きな吉成曜先生の画集です。この本の中身には正直驚かされます。

 

アニメーターさんの方々からも絶大な支持をうけているだけあって、ラクガキがラクガキじゃありません^^;

 

全ての作画にラフのような線が残っているため、どのように描いているのかが目で追えます

 

そしてやはり吉成曜先生の最大の武器である動きのある絵に刮目せよw

さいごに

なんだか凄い紹介だけの記事になっちゃいました(´・ω・`)

ですが私も実際に上達本を読んで学んだ部分もあります。

 

繰り返しますが、何もしないよりは本でも動画でも見て特訓したほうが良いです(笑)

 

ひたすら絵を描くだけの練習していたって、人間なのでそのうちきっと飽きます

何かにすがる思いで挑戦するのも良いのではないでしょうか?
当ブログで使用しているお絵かきソフトはこちら
以上、イラストの描き方におすすめの本 でした。

タイトルとURLをコピーしました